社労士に独学で合格するための勉強法を解説しています。

社労士に独学で合格する方法!勉強法を徹底解説!

社労士の通信講座

社労士の通信講座のおすすめランキング!費用や勉強方法、フォロー体制など比較!

更新日:

社労士の勉強をする上では、通学や独学以外にも通信講座で勉強するという方法があります。

予備校で行っていたり、通信専門のスクールもあったりと様々な通信講座があります

ここでは、

  • 費用と内容のコスパがいい通信講座を知りたい
  • 通勤中や休憩中の隙間時間に勉強したい!
  • 決まった時間がとりにくい
  • 自分のペースで進めたい

などの方にピッタリの社労士通信講座のおすすめを紹介していきます。どうぞ参考にしてください。

 

【後悔しない!】社労士|通信講座を選ぶ際のポイントは?

 DVD等のメディア講義がある講座を選ぶ

通信講座の場合、テキストや問題集等教材が送られてきますが、基本的にはそれ等を使い勉強します。

半分は独学のようなもので、講師の講義を聴くというものでもありません。

ですので、なるべくDVD等のメディア講義といったスタイルを採用している講座を選択するのが良いでしょう。

迷ったら大手予備校の通信講座を受講する

もしどの通信講座を選ぶのか判断基準に迷う場合は、大手予備校の通信講座を選択するというのも手です。

実績もありますので、その中から自分に合ったものを選べば良いでしょう。

アウトプットがしっかりできる講座を選ぶ

講座によってはテキストと少しの問題集だけで十分な演習ができないようなものもあります

インプットとアウトプットがバランスよく行え、ちゃんと実力養成できる講座を選択する必要があります

また法改正や白書の対策もちゃんとできるものが良いです。

 

人気3社の社労士通信講座を比較してみた(費用・勉強方法・フォロー有無)

通信講座 フォーサイト クレアール tac
費用 70,000 150,000200,000円
コースによって違いあり
200,000円
コースによって違いあり
勉強方法 DVD視聴による講義スタイル

オリジナルeラーニングシステムの
「道場破り」🄬が利用可能

24時間いつでもどこでも受講可能

基本はWEB視聴による講義スタイル

24時間いつでもどこでも受講可能
倍速機能でスピーディに学習可能

WEB視聴による講義スタイル

自分の都合にあわせて
24時間いつでもどこでも受講可能

カリキュラム 基礎固め~過去問演習
直前講座で最終確認と実力をつける模擬試験あり
問題演習中心のカリキュラム
実力養成が確実にできる模擬試験あり
確実に実力養成できるカリキュラム

模擬試験あり

講師 通信講座担当 専任講師 加藤講師
多くの合格者を輩出
北村講師と斎藤講師
2人の超ベテラン講師 指導力は圧巻
腕利きの講師が多数在籍
大手ならでは
教材 学習しやすいフルカラーのテキスト 重要事項に焦点を当てたテキスト TACのノウハウを凝縮したオリジナル教材
フォローの有無 有り

迅速かつ丁寧に対応安心の質問サポート

学習に役立つ講師ブログ
お役立ち情報満載の受験生サポートブログ
フォローメルマガ あり

有り

回数無制限 万全の質問体制
メールやFAXのほか講師の受験生応援サイトにて受付

受験生必見!北村講師WEBサイト
受験に役立つメールマガジン あり

有り

質問や疑問に迅速に対応

質問や情報交換のサイト i-support
質問メール
質問電話(日時限定)
情報満載のメールマガジン あり

社労士通信講座|おすすめ・口コミで比較しました!ベスト3

フォーサイト 合格実績ダントツ!

カリキュラムの質

基礎固めから過去問演習までを行い、直前講座で最終確認と実力をつけていく

模擬試験も実施しており、実力試しもできる

講師の質

専任の加藤講師は多くの合格者を輩出させている

教材の質

フルカラーのテキストで学習しやすい

受講後のフォロー体制の内容

質問や疑問に迅速かつ丁寧に対応し、学習に役立つ講師ブログもある

受講方法

DVD視聴による講義スタイル

料金

おおよそ70,000ほど

*テキストがやや薄く内容が浅い、誤字脱字が多いという口コミが多いです。

\今なら無料プレゼント付き/

クレアール

カリキュラムの質

インプット、アウトプットが充実しており、問題演習中心のカリキュラムのため、実力養成が確実にできる

模擬試験も実施しており、実力試しもできる

講師の質

北村講師と斎藤講師、2人の超ベテラン講師の指導力は圧巻

教材の質

7割得点を意識して重要事項にとにかく焦点を当てたテキスト使いやすい過去問

受講後のフォロー体制の内容

オプション講座も多数あり、受験に役立つ情報も得られ更なるレベルアップを図れる

受講方法

基本はWEB視聴による講義スタイルで、オプションの1部ではライブ講義可能

料金

コースにより多少異なるが、おおよそ150,000200,000円

*費用がやや高いという声が多いです。

tac

カリキュラムの質

・どのコースも合格までのインプット、アウトプット共に申し分なく、本番までに確実に実力養成できるカリキュラム

模擬試験の実施もあり、実力試しもできる

講師の質

最大手予備校だけあり、腕利きの講師が多数在籍

教材の質

TACのノウハウを凝縮したオリジナル教材で、合格に必要な実力を養成できる

受講後のフォロー体制の内容

腕利きの講師が疑問に迅速に対応等、試験本番までの手厚いフォロー

受講方法

WEB視聴による講義スタイル

料金

コースによって違いはあるが、200,000円

*通信講座にしては費用が高いという声があります。

社労士受験に通信講座はおすすめ?メリット・デメリットを紹介!

メリット

 自分のペースで学習できる

通信講座で学習する場合、通学に比べると取り組み方や学習のペースは自分で決められる要素が強いです。

特定の科目から取り組まなければならない決まりもないため、学習自由度は高いということができます。

通学に比べ費用が比較的安め

通信学習の場合は通学と比べ総じて学習費用が安めです。

リーズナブルな価格で受講できる講座は多いので、経済的に余裕のない方は利用するのがおすすめです。

時間的な余裕を作りやすい

通学では当然通うという行為が伴いますが、通信学習ではその手間は省けます。

通学時間もばかにはならないこともあるので、その分学習時間を確保できます

デメリット

 モチベーションの維持が大変

通信学習ということは、ほぼ自分で計画を立て学習していく必要があります。

通うという行為がない分意志が強くないと途中で挫折してしまう可能性もあります。

学習意欲が低下してしまわないように、モチベーションを維持できるようにしておきましょう。

勉強スケジュールの計画や管理が大変

通信学習は結局自分で学習計画を立てていかなければなりません。

自由度が高い分、学習する上で油断も生じやすいです。

予定通りにいかなければその都度修正もしていかなくてはなりません

カリキュラムがある予備校とはその辺が異なるため、管理はちゃんとしなければなりません。

疑問がその場で解消できない

通学の場合、その場で講師に質問もできますが、通信の場合は疑問があっても直ぐに、その場での解消とはいきません

WEBや郵送を利用して質問等をするため、ある程度の時間は要することになります。

まとめ

ご紹介した人気3社の社労士通信講座は、24時間どこでも自由に学習が可能となっています。

隙間時間を利用して社労士の勉強をする方にはピッタリといえるでしょう。

通信講座にありがちな「疑問をその場で解消できない」というデメリットも、それぞれメールやFAX・電話などで対応していますので、即時ではなくとも迅速に解決することができるようになっています。

また、通信講座受講生向けの専用サイトなどで、よくある質問を確認することができますので安心です。

自由度の高い通信講座は、同時にスケジュール管理が難しいとも言えます。

そういった点でいうと、スケジュール管理や進捗管理ができるフォーサイトのeラーニングシステム「道場破り🄬」は自分で管理するのが苦手な方におすすめです。

費用や勉強方法、質問への回答などのフォローの有無など、さまざまなポイントで自分にあった通信講座を選ぶことが大切です。

-社労士の通信講座

Copyright© 社労士に独学で合格する方法!勉強法を徹底解説! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.