社労士に独学で合格するための勉強法を解説しています。

社労士に独学で合格する方法!勉強法を徹底解説!

社労士になるには

社労士と行政書士はどちらがオススメ?業務の違いや、資格の登録などまとめました

更新日:

社労士と行政書士はお互いに独立も狙える資格で、試験上比較されることも多いです。

しかしそれぞれの業務はもちろん違います。

この記事ではその違いや資格の登録等に関して紹介します。

社労士と行政書士狙うならどちらがオススメ?目的やタイプに合わせて選ぶ

就職・転職を狙うなら社労士がオススメ

社労士は受験で学んだことを実務で使える!

社労士は勉強したことがそのまま実務でも即活きてくることが多いです。

試験勉強内容が実務と密接しているため、試験勉強が実務勉強になっているといっても過言ではありません。

社労士の場合は勉強するだけでその知識が眠ってしまうということがほとんどありません。

勉強段階でも実務的な問題が多いのもその要因です。

本試験においても実務的な問題が多くなってきており、より実務を意識して勉強することが必要にもなっています。

また、登録後に実務経験がなくとても事務研修を受けるため、そこでも実務の実践をすることにもなります。

行政書士は試験で得た知識が実務ではほどんど使えない

行政書士は社労士と異なり試験勉強で得た知識が実務ではほとんど役に立たない場合が多いです。

それは例えば役所に許可申請をする際に試験では学習していない様々な事柄が出てきたりするからです。

行政が相手ということもあり、細かな部分も知っていないと諸手続き上対応できないことも多々あります。

知識としては持っていてもそれを実際の実務面でどう結び付けていくのかがなかなか難しいところです。

法律初学者は行政書士がオススメ

行政書士は社労士に比べて例えば「憲法」や「民法」といった日常生活そのものに関連性が高いものが多いです。

また、社労士より単純に科目も少ないです。

しかし社労士は「労働法」「年金法」といったやや専門性や特殊性が高いものが多いので、全くの法律初学者が学習するには行政書士のほうがおすすめです。

社労士と行政書士はもとは同じ資格だった?

社労士と行政書士はもともとは同じ資格で、行政書士が社労士の業務を行っていました。

それが戦後高度経済成長等に伴って急速に経済が発展していき会社も大きくなり、社会保険の手続きや申請、給付業務が次第に複雑化していきました。

そうした事態に対応すべく1968年に社会保険労務士法ができ、より専門性のある資格として社会保険労務士が誕生しました

このような時代背景があります。いわば社労士は行政書士の派生形と言えます。

行政書士ってどんな仕事?将来性はある?

行政書士とは

行政書士とは官公庁に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類の作成や提出手続きを行ったり、行政書士が作成した官公署提出書類に関する行政不服申立て手続に関する代理を行える者です。

また、書類作成等の相談に応じることもできる行政に関してのスペシャリストです。

また官公庁に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類の作成や提出手続きは、独占業務です。

行政書士の業務とは

行政書士は会社に代わって官公署に提出する書類の作成を行うことができます。

また提出代行もでき、相談も行ったりできます。

また行政書士が許認可書類を作成し申請した後に許認可が拒否された場合には、行政書士が不服申立手続きを代理することもできます

更に許認可等に関して行われる聴聞や弁明の機会の付与の手続やその他の意見陳述のための手続を代理人として行うこともできたり、プロフェッショナルな仕事です。

どんな試験内容?

行政書士試験は各科目に関して、五肢択一、多肢選択、記述という形で出題されます。

「一般知識」「基礎法学」「憲法」「民法」「行政法」「商法・会社法」という科目を勉強します。

多肢選択と記述は一定の科目のみで出題があります。

300点満点中180点以上得点すれば合格です。しかし、科目によって足切り点があります。

「一般知識」がそうで、五肢択一で全1456点分出題されますが、このうち624点分は最低取らなければなりません。

つまり、一般常識の624点は必ず確保した上で全体でも180点以上必要ということです。

受験資格は特になく、誰でも受験可能です。試験日は毎年11月です。

資格取得後、行政書士としてどう働いていけるの?将来性はある?

現在の勤務先

現在勤めている会社等でも、例えば自社が行政手続きをしたり諸申請をする際にアドバイスすることもできます。

一般的な会社だと精通している人はそうそういないことも多いため、活躍の場面はありそうです。

就職・転職先

行政書士の事務所に転職する等して、更にその専門性に磨きをかけることもできます。

実務を通さないと分からないことも多々あるため、より実践的に行政書士として活動していくことができます。

独立・開業

行政書士は独立も目指せる資格です。

もし行政書士の資格を取り、その道の専門家としてやっていきたいなら独立して開業するのも方法です。

他士業との繋がりも多く、大変さはもちろんありますが、やりがいは大きいはずです。

まとめ

行政書士の資格を取った後は会社に居ても転職しても独立しても、それぞれ活躍の場はあります

しかし特に独立する場合は顧客獲得や事務所経営の難しさがあります。

また資格を取って転職する場合でも実務に直ぐには結びつかない面もあるので、困惑してしまうケースが出てくるリスクもあります。

社労士、行政書士の登録って何?

社労士の登録について

社労士は試験に合格しただけでは社会保険労務士を名乗ることはできません。

合格後「全国社会保険労務士連合会」に登録して初めて社会保険労務士を名乗れます

ですので、合格後に登録を済ませなければなりません(一定の実務経験がない場合は事務指定講習が必要です)。

そして基本的には「開業型」か「勤務型」かどちらかを選択します。

社労士の登録の際に、登場する3つの区分

【開業型】

社労士には「開業型」という独立を目指す人のための登録があります。

自身で事務所等を構え、中小企業等を中心に顧客を取っていく必要があり、勤務社労士とは大きく異なります。

自分の力で顧客獲得する力も必要となるため、営業力を始めとした様々な能力も必要になります。

また、社会保険労務士法人に雇われて専門的に活動していく場合は「開業型」の登録が必要となります

【勤務型】

「勤務型」の社労士は企業等に雇われて、その中で社労士の業務に携わっていく形です。

開業社労士とは違い自分で顧客を取ったり、営業をかけるということはありません。

自社の労務面でその力を発揮していくことになります。

この「勤務型」というのは士業には珍しく、ほとんどの場合は開業を目的に社労士を目指すことが多いですが、こちらを選択して企業内でその力を充分に発揮して活躍する人も多くいます。

【その他】

「開業型」でも「勤務型」でもなく「その他」として登録することもできます

あまりこの型で登録する人は多くはありませんが、開業するのか勤務社労士としてやっていくのか迷っているような人が選ぶことが多いです。

しかしせっかく社労士を名乗れるための登録をする以上は、その他というよりも開業か勤務かを選択しておきたいものです。

迷わないためにもビジョンをしっかり持っておきましょう。

行政書士の登録について

行政書士も社労士と同じく試験に合格しただけでは名乗ることはできません。

行政書士の場合は試験合格後にまず都道府県行政書士会に書類を送って入会し、その後日本行政書士会連合会が精査をしていくという流れになります。

そして審査が通ればその通知が届き、そこで初めて行政書士となります

社労士に比べると1ステップ多いですが、およそ1ヶ月ほどで通知は来ると思われます。

-社労士になるには

Copyright© 社労士に独学で合格する方法!勉強法を徹底解説! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.